スポーツアロママッサージオイルでパフォーマンスを上げる方法

スポーツアロマは、アスリート・スポーツ愛好家をはじめ、日々の身体のケアにとても重要な役目を果たしてくれます。スポーツアロママッサージオイルを使って、怪我の予防や疲労回復など、パフォーマンスを上げるセルフケアの方法について迫ります。

1.心身のコンディションを整える

スポーツや仕事でも、心身のコンディションを整えることはとても重要です。外からの情報を脳へ伝える「嗅覚、触覚、視覚、味覚、聴覚」の五感のうち、大脳にストレートに伝わるのは嗅覚だけ。心地よい香りは、自然と深呼吸を促すので心を落ち着かせ、ストレスで張りつめていた気持ちを軽くし、モチベーションをあげるきっかけとなります。

_MGM1259

2.セルフケアの重要性

100%のパフォーマンスをスポーツで出すためには、普段からの心や体のケアが欠かせません。ストレッチやセルフマッサージなどの日常のケアは、怪我を予防するためにもとても重要です。毎日のトレーニングやスポーツ後の疲労を、その日のうちに少しでも軽減し、身体にかかる負担を減らしていきましょう。

3.スポーツ前のセルフケア

競技によってランニングなどがある場合は、ふくらはぎ。サッカーだと太ももやふくらはぎ。野球だと肩周りなど疲労しやすい場所に塗り込むことで疲労の蓄積を最小限にすることが期待できます。試合前で緊張している時には、首元に塗り込み香りを嗅ぐことで、気持ちが落ち着き集中が高まります。

_MGM6562

_MGM6659

4.スポーツ後のセルフケア

適量を手のひらにとり、両手でオイルを温め、スポーツ後に疲労した部分に直接マッサージしながら塗り込みます。短時間で筋肉疲労や張り・硬さを改善し、筋肉を本来あるべき状態へとリセット。柔らかい筋肉に戻りやすくしてくれます。血流の改善にもなるので、老廃物の排出促進がされ疲労回復が早まることが期待されます。

_MGM6552

5.筋肉痛時のセルフケア

いつも使っていない筋肉を使ったり、運動よってより負荷をかけると筋肉痛を引き起こします。筋繊維が損傷を起こすことで炎症が起き、それが神経を刺激し痛みとなって伝わります。スポーツアロママッサージオイルには、炎症を抑えるラベンダー、代謝を促進させて老廃物の排出を促すレモングラスなどの精油が入っているため、塗りこむだけでその成分が損傷した筋繊維へと働きかけます。筋肉痛を起こした時、また筋肉にいつも以上の負荷をかけてしまった時に予防的に塗布するのも効果的です。

スポーツアロママッサージオイル_201709_004

6.精神的な効果

スポーツや競技において、身体的な部分でパフォーマンスや持っている力を最大限に発揮することはもちろんですが、冷静な気持ちでいい緊張を保ち、ここぞというときに力を発揮することには、精神的な部分も大きく関わってきます。スポーツアロママッサージオイルの中には、集中力を高めるローズマリーや緊張を和らげるラベンダーやオレンジなどが入っています。動悸がして呼吸が乱れてしまうとき、ゆっくり深呼吸し香りを嗅ぐことにより、冷静で集中できる落ち着いた自分に戻る手伝いをしてくれます。

_MGM4266

日々のセルフケアで、心身共にパフォーマンスアップのお手伝いができれば幸いです。


マールアペラル スポーツアロママッサージオイル
2014年 第30回国民文化祭鹿児島県実行委員会会長賞 受賞

川畑真希子監修

東京女子医科大学病院で看護師として勤務後、イギリスへ留学。

ITEC(英国国際資格)ホリスティックマッサージ、アロマセラピー、
インディアンヘッドマッサージ、リフレクソロジー、ホットストーンセラピー、GICSベビーマッサージ、
Mテクニック、スポーツアロマコンディショニングトレーナーの資格を取得。

・メディカルセラピーサロン「レイライン」代表
・某高校硬式野球部 専属スポーツコンディショニングトレーナー
・ドイツ・フェルディクリニックにてリンパ浮腫の複合的理学療法資格取得
日本アロマセラピー学会

スポーツアロママッサージオイルについては、こちらより

You may also like