花と雑貨、ときどきカフェ。温もりのある空間「Lierre リエール」

MARapelarを大切に取り扱ってくださっているお店を紹介します。第9弾は、宮崎県宮崎市にある【Lierre/リエール】

フランス語でつたという意味の「リエール」。花と雑貨、ときどきカフェという魅力的なお店への想いを、オーナー垂水玉江さんに伺いました。

Lierre/リエールを立ち上げた理由を教えてください

2001年に友人の結婚式のお花を任されたことがありました。元々実家が自営業をしていたこともあり、そのことがきっかけで2011年11月27日にお店を立ち上げました。リエールは、フランス語で「つた」という意味。つるの植物なので、長く地道に続けていければいいなという想いでリエールという名前にしました。音、響きも気に入っています♩

お店のこだわりを教えてください

お店のまわりにカフェがなかったことから「お花と雑貨と、ときどきカフェ」という空間をつくりました。生花が好きなので、生花のアレンジメントはもちろん、変わったものを使ったドライフラワーなど、いろいろなお花を楽しんで頂けるよう工夫しています。迷い猫から、リエールの店長に就任した「ミィ店長」が癒してくれます。

写真:ミィ店長

_MGM7131

 

おすすめのメニューを教えてください

生花のアレンジメントはもちろん、生花でつくってドライになるリースがおすすめです。最近は、シンプルにつくるハーバリウムも人気ですね。1人でやっているお店なので、自分が信じたものをぶれずにやっていきたいという気持ちから、取り扱う商品は全て納得した商品のみ置くようにしています。

ドライリース:3,000円〜
ハーバリウム:1,500円〜

_MGM6873

ストレスフリーの生活をするために心がけていることは?

仕事上立ち仕事なので、週に1回姿勢を整えるためピラティスに通っています。あとは、旅行に行くことですね。フランスの空気や街並みが好きなので、パリと近郊の村に行くことが人生の楽しみの1つになっています。

_MGM7113

健康的な肌を保つために心がけていることは?

野菜やヨーグルトをよくとるようにしています。半身浴をして、心身共にデトックスできるよう心がけています。マールアペラルのお気に入りは、化粧水、バームです。乾燥が気になるところに安心して使えて、保湿力も高いのでとても気に入っています。

_MGM6859

温もりある空間で穏やかな時間を過ごせるリエール。店長猫ミィと玉江さんの優しい空間。たくさんの人が集う素敵な場所としてこれからも皆さんに愛されることと思います。ぜひ、みなさん行かれてみてくださいね。

Lierreリエール

住所:宮崎市佐土原町上田島 1806-1
電話:0985-74-0129
営業時間:10:00-19:00(日・祝18:00)
*仕入れ日の月・水・金 は13:00オープン
定休日:火曜(不定休あり)

<過去の記事>

第8弾:東京都千代田区有楽町にある「鹿児島ブランドショップ東京店」、記事はこちらより
第7弾:中目黒にあるこだわりの美容室「Stella Boutique ステラブティック」、記事はこちらより
第6弾:東京神楽坂にあるインターナショナルな美容室「ke’international」記事は、こちらより

You may also like