ベースの肌でメイクが決まる

メイクアップをする前に1番大切なことは、潤いのある健康的な肌づくり。メイクにいくら力を入れても、ベースとなるお肌が健康でなければ、本来の美しさが引き出せません。輝くお肌に見せるためには、メイクをのせるベースの肌づくりが肝心!自分のお肌の力を最大限に引き出すために、大切なこととは?

1.洗い過ぎないクレンジング

まず、大切なことは、毎日行う「メイク落とし」と「洗顔」。美肌をつくる大切な時間です。トラブルの原因の1つに、洗顔のしすぎが考えられます。合成界面活性剤のたくさん入ったメイク落としや洗顔を、毎日し続けることで、大切な皮脂までごっそり取り除いてしまい、乾燥やしわの原因になってしまうことも。マールアペラルは、クレンジングとスキンケアを同時に行い、なるべくお肌に負担の少ないメイク落としができないか考えました。それが、月桃クレンジングウォーターです。無農薬栽培で採れた月桃の水蒸気蒸留水を100%ベースに使用しています。スキンケアしながら、メイクはしっかり優しく落してくれるクレンジングが誕生しました。

_MGL4689

そして、メイク後の洗顔。大切な皮脂を残しつつ、余分な汚れは落としたい。。。そんなよくばりな思いから誕生したのがオーガニッククレイ石鹸です。洗浄力の強い合成界面活性剤を一切使用せず、洗顔だけではなく、ボディー、洗髪にもお使い頂けるよう、 デトックス効果の高い原料を選んで大切に作っています。

_MGL4624

2.洗い過ぎないことで何が変わるの?

洗顔方法を変えるだけで、お肌に潤いが戻ってくるのを感じることができるはずです。洗顔後、化粧水や美容液で保湿ケアしても、翌日の朝は乾燥。。。という方も多いのでは?洗い過ぎないクレンジング方法を続けることで、お肌への負担が減り、お肌のバリア機能が正常な状態に戻ります。本来の皮脂バランスが整い、ストレスフリーのお肌の状態へと導いてくれます。

3.目の下のくすみ。意外な原因と目元のクレンジング方法

目の下のくすみは、血行不良や冷え、睡眠不足、疲労、生まれつきなど、様々な原因が考えられます。その中でも、メイクを落としきれてない、日々の蓄積が原因の場合が意外ととても多いのです。目元は、顔の中でも皮膚が薄くてデリケートな部分。優しく丁寧に落してあげることが大切です。コットンに、月桃クレンジングウォーターをたっぷり浸します。その後、まぶたの上にコットンをのせて数秒待ちます。コットンを優しく動かして、マスカラを少しずつ丁寧に落していきます。引き続き、アイシャドウやアイラインも新しく浸したコットンを使って、優しく落してあげてください。

4.おすすめのクレンジングと洗顔方法

夜のおすすめケア(メイク落としから洗顔まで)をご紹介させて頂きます。

step1. 月桃クレンジングウォーターをコットンに適量(3~6プッシュ)たっぷりとります。

g

step2.乾いた状態のお肌に、メイクを優しくふき取ります。

d

step3.クレンジング後、顔全体をぬるま湯または水でぬらします。オーガニッククレイ石鹸をてのひらで数回(5~10回ほど)転がし、たっぷり泡立てます。泡で顔全体を包み込み、優しく洗います。洗い残しのないよう丁寧に洗い流します。✴︎ 週に1~3回の洗顔がおすすめです。

i

5.洗顔しない日のケア

洗顔しない日は、月桃クレンジングウォーターでメイクを落とした後、下記のうち1つをお試しください。

1.ぬるま湯で洗い流す

2.新しいコットンに、月桃 or どくだみ化粧水を適量コットンにつけ、優しく頬をなでるように拭き取る

3.オーガニックコットンタオルを蒸しタオルにします。洗面器にお湯を入れて、その中にタオルを浸します。温まったら軽く絞ります。温かいままのタオルを、顔の上にのせて、深呼吸しながら1分ほど待ちます。小鼻などのくすみやすいところを中心にお肌を優しく撫でるように2〜3回拭き洗いしてあげましょう。

A

6.洗顔後の保湿方法

洗顔後は、丁寧に保湿してあげます。化粧水 → 美容液 → オーガニックベビーバームの順番で、お顔全体に潤いと栄養を与えます。お手当てというように、手の平で包み込むように保湿して、お肌の様子を日々感じながら、自分の肌と向き合う時間を大切にしてください。それぞれのお肌や季節に合わせて、アイテムや方法を選んで使って頂ければと思います。

b のコピー

月桃クレンジングウォーターの詳細はこちら

オーガニッククレイ石鹸の詳細はこちら

 

 

You may also like