コンシーラーの意外な役割

化粧下地で、お肌を滑らかに整えたら、コンシーラーやファンデーションを使ってのベースメイクづくり。コンシーラーで、ベースメイクが、簡単で楽しくなる方法を伝授いたします。

1.コンシーラーの意味と選び方

基本的に、ファンデーションは使いません。(お肌に赤みがある方は、薄くファンデーションを伸ばします)
コンシーラーは、くすみやニキビ跡などを隠してくれる、お肌の悩み解決の役割と、立体感を出す役割があります。「固いテクスチャーで使いにくい」「しわになってしまう」などとマイナスなイメージも多いのでは?コンシーラーを選ぶときは、なるべく肌馴染みの良い、柔らかいテクスチャーのものを選んであげましょう。しっかりシミをカバーしたい時は、固いテクスチャーのものでもOK!コンシーラーは、ファンデーションより、ワントーン明るい色を使うため、くすみをカバーすると同時に、顔に立体感を出してくれます。ベースメイクには欠かせないアイテムです。

_MGM2324

2.コンシーラーの使い方

目の周りは皮膚が薄くて、シワになりやすいので、小さな筆や指先を使い、優しく指の腹でなじませます。
自分が思うより少し長めに時間をかけて、優しく叩き込んで、お肌に馴染ませるのがポイントです。
コンシーラーが馴染んだら、仕上げにパウダー(お粉)をかけます。パウダーは、透明かお肌に馴染む肌色を選んでお肌に定着させます。

_MGM2355

3.どこにつけますか?

くすみ(お肌のトーンが暗いところ)をカバーしてあげます。目の周りや小鼻の横、口角のところなど、くすんでいるところを中心に馴染ませます。特に、目の上は忘れがちなので、目の上のくすみも薄く伸ばして優しくカバーしてあげて下さい

You may also like